BLOG

ブログ詳細

  • 大下 真佐子
  • 2022年11月16日
  • 親の思い(1)

"親"の思い(1) ー こんな子どもに ③ ー

「こんな子どもに育ってほしい(続きの続き)」

でも、「○○大に入って」と「やさしい子になって」は、全く別の話でしょ?

「明るく!」「元気に!」「目標百点!」「レギュラーめざせ!」と励ますのはダメなの?

‥‥そういう疑問が湧いてきますよね。そこら辺をもう少しお話させてください。


 良い大学や稼げる職業といった、即物的な望みを子どもに期待することや、

人間的に価値がある(とされる)優しさや思いやり、自信や個性を育むことなど、

それぞれの親がそれぞれの子どもに抱く願いには、もちろん問題はありません。

私たち親は親なりに、良かれと思うことを子どもにしてやりたいだけですから。

 

ただそれを、親がどう求め、子どもがどう受け止めるか。

それによっては、どんなに素敵な希望も夢も、親にも子にも辛いものになりうる。

そういう怖さと危うさがあることを、ここでは例を挙げてお伝えします。

 



…ごめんなさい、まだ執筆中です…